任意整理とは?

弁護士また、借金に関係して弁護士が機能する可能性があるのは、過払い金請求を行いたいという場合だけではありません。この他にも、様々な手段において弁護士が活躍する可能性があります。ここで最初に紹介するのは「任意整理」という方法を採る場合についてです。この任意整理というのは、借金に関して減額の交渉を行なったり、金利の引き直しを行なったりすることによって、毎月の返済金額を調節する方法ということになります。任意整理の交渉が上手く行けば、生活に支障のない範囲での返済が可能になる可能性も十分にあるため、最初に打診してみるべき債務整理の方法ということになるでしょう。

この任意整理を行なう場合について、弁護士に相談しておくと可能性があるのが、その借金に過払い金が発生していることが発覚することがある、ということです。この場合についてはこの段階においてこの過払い金、グレーゾーン金利部分については取り除くことができるようになるため、借金を著しく軽くすることができる可能性があります。そういった意味でも、一度弁護士事務所などで債務状況についての確認や相談を行なってみる必要があるでしょう。そうすることで、大きくトラブルが解決に繋がる可能性があります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

About the Author

管理人