借金と弁護士

お財布借金というのは、生活を圧迫することになる大きなトラブルであることも少なくありません。特に過去に行なった借金によって、現在の生活に困窮してしまっている、というようなケースも少なからず存在していることでしょう。それでは、実際にそのような問題が発生してしまっている場合について、これを解決できる可能性はお金をそのまま返し続ける以外にないのでしょうか。ここでは、そんな借金に関する問題を解決する際に使用することができる可能性がある方法の1つとして、弁護士への相談について紹介します。弁護士は法律によって様々な問題の解決をサポートしてくれる立場にあり、借金に関係する解決というのもその1つとして考えることができます

それでは、実際に弁護士が借金の返済について考える場合に役立つ可能性がある場合としてどのようなことが考えられるでしょうか。最初に紹介するのは「過払い金請求」というものについてです。この過払い金請求というのは、その名前の通り借金について「返しすぎている」場合についての請求を行なうことができるというものです。なぜこのようなことが発生するのかというと、過去には「貸金業法」と「出資法」という、2つの金利を設定している法律が存在しており、この2つに設定する金利に差がありました。貸金業法における低い金利ではなく、出資法における高い金利を採用していた場合「グレーゾーン金利」という扱いとなっていた部分を取り替えすことができるというものです。

参考サイト→借金の相談

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

About the Author

管理人