自己破産とは?

家借金の解決の方法として、任意整理や民事再生以上によく聞く言葉といえば、やはり自己破産なのではないでしょうか。もっともよく聞く言葉ではあるものの、実はこの自己破産というのは非常に重い意味を持っているものであり、軽々しく行なうべきものではありません。あくまでも債務整理における最終手段である、というように考えておくべきものです。とは言え、そうしなければどうしようもない、という場合については十分考慮に値するものでもあります。

この自己破産というのは政務整理の手段の1つであり、特に財産がほぼないために、債務の支払いを全くできないということを裁判所によって認めてもらうことによって可能となるものです。この自己破産は行なった時点において借金の支払い義務が免除される仕組みとなるのが特徴となっています。ただし、これを行う場合は住宅や車などの高価なものは手放し、債務整理のために使用しなければなりません。ただし、その後の収入については自分の思うように使用できるようになります。ただし、この方法を採ると弁護士などの一分の職業について資格制限が発生することで就くことができなくなってしまう、という点については注意が必要です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

民事再生とは?

お財布弁護士を介して借金の解決を行おうとする場合について、使用することができる方法として次に紹介するのは「民事再生」についてです。法人の倒産等の場合について「民事再生法」という法律について聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。この民事再生は法人だけではなく、個人向けの個人民事再生というものが存在しています。民事再生というのは、現在の借金を返済することが難しいということを裁判所に認めてもらうことによって、その返済を分割することができるというものとなっています。

任意整理と違っている点は、間に裁判所が入ることになる点です。任意整理というのはあくまでも債務者と債権者の間における相談によって決定されるものであるのに対して、民事再生の場合は裁判所による介入が行われることになります。借金が5000万円以下である場合、最低返済額が10分の1程度にまで減額される可能性もあります。また、資格制限などを受けることがないほか、住宅などの財産については維持したままで借金の減額の可能性があるのが民事再生の特徴となっています。その分、任意整理よりは強制力が強いものとなるため、次以降の借金利用がしにくくなる事が多くあります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

任意整理とは?

弁護士また、借金に関係して弁護士が機能する可能性があるのは、過払い金請求を行いたいという場合だけではありません。この他にも、様々な手段において弁護士が活躍する可能性があります。ここで最初に紹介するのは「任意整理」という方法を採る場合についてです。この任意整理というのは、借金に関して減額の交渉を行なったり、金利の引き直しを行なったりすることによって、毎月の返済金額を調節する方法ということになります。任意整理の交渉が上手く行けば、生活に支障のない範囲での返済が可能になる可能性も十分にあるため、最初に打診してみるべき債務整理の方法ということになるでしょう。

この任意整理を行なう場合について、弁護士に相談しておくと可能性があるのが、その借金に過払い金が発生していることが発覚することがある、ということです。この場合についてはこの段階においてこの過払い金、グレーゾーン金利部分については取り除くことができるようになるため、借金を著しく軽くすることができる可能性があります。そういった意味でも、一度弁護士事務所などで債務状況についての確認や相談を行なってみる必要があるでしょう。そうすることで、大きくトラブルが解決に繋がる可能性があります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

借金と弁護士

お財布借金というのは、生活を圧迫することになる大きなトラブルであることも少なくありません。特に過去に行なった借金によって、現在の生活に困窮してしまっている、というようなケースも少なからず存在していることでしょう。それでは、実際にそのような問題が発生してしまっている場合について、これを解決できる可能性はお金をそのまま返し続ける以外にないのでしょうか。ここでは、そんな借金に関する問題を解決する際に使用することができる可能性がある方法の1つとして、弁護士への相談について紹介します。弁護士は法律によって様々な問題の解決をサポートしてくれる立場にあり、借金に関係する解決というのもその1つとして考えることができます

それでは、実際に弁護士が借金の返済について考える場合に役立つ可能性がある場合としてどのようなことが考えられるでしょうか。最初に紹介するのは「過払い金請求」というものについてです。この過払い金請求というのは、その名前の通り借金について「返しすぎている」場合についての請求を行なうことができるというものです。なぜこのようなことが発生するのかというと、過去には「貸金業法」と「出資法」という、2つの金利を設定している法律が存在しており、この2つに設定する金利に差がありました。貸金業法における低い金利ではなく、出資法における高い金利を採用していた場合「グレーゾーン金利」という扱いとなっていた部分を取り替えすことができるというものです。

参考サイト→借金の相談

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket